あたし、中国で暮らしてます(仮)。


中国に逃げたMACO(28)の愛娘に捧ぐ生存確認用ブログ。
by bukumama_mako
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

エキサイト再開しました。

カウンターとクエン酸通販


中国でエキサイトブログが使えなくなってから3年間放置状態でしたが、最近使えるようになったので再開しようかな・・・と思っています。


東外大言語モジュール
中国語パソコン辞典
語源由来辞典
1キロバイトの素材屋さん

貴州旅行 反省編

一番悔しいのは、辛いものが食べられないって事。貴州の食べ物は、そんなに強烈に辛いって訳ではなく、どの料理も程よく辛いのだそうだ。でもあたしは少しでも辛いものダメなので、貴州の本当のおいしさを堪能することはできなかった。

もちろん辛くない料理もおいしいのだけれど、旅行に来たらその土地のオススメを食べたいじゃない?


旅程が変わったのは、鎮遠と安順に行く順番が入れ替わっただけだと思っていたけれど、帰って来てよく旅程表を見てみると、いくつか行く予定だった場所がカットされていた。
カットされていたのはどれもお土産屋さんなんだけれど、蝋染め屋とか水晶屋とか、行きたかったなー。ガイドに文句行ってどうにか連れて行ってもらうべきだった。

中国のツアーは断り無しに旅程を変えたりカットしたりするから、自分でちゃんと旅程表を見ておかなきゃダメなのね。それなりのお金払ってるんだから、「自由行動」とかで放っとかれると損した気分。
時間の都合でダメならしょうがないけれど、言いたいことはとりあえず言ってみたらもしかしたらどうにかなるかもしれない。


列車の状況を知らなかったのは致命的だった。硬席があんなに辛いとは思わなかったー。硬席はどんなに我慢しても4時間が限界。

次に列車で旅行する時は、チケット取る段階で軟席に換えてもらおう。

 
最後は語学力の問題。ホテルにクレームつける時にはガイドが居なかったり、ガイドにクレームつける時にはうまく誤魔化されたり・・・。結局はツアーで一緒だった中国人のお姉さんに言ってもらって良いようになったけれど、
「えー?どうして?」 「どうにかしてよ!」 「もうどっちでもイイです・・・。」
しか言えなかった(泣)

ああしたいこうしたいっていうのは自分でハッキリ言わないととんでもないことになりそう。
そのためには多少間違ってても勢いでまくし立てる度胸と語学力が必要だ。
[PR]
by bukumama_mako | 2006-08-19 12:41 | 貴州旅行

貴州旅行 番外編

b0040809_2355074.jpg安順観光中立ち寄ったレストランのトイレ。
「中国を旅してるんだなぁ~」って実感できる。あたしは扉のある臭いトイレよりは扉の無い臭わないトイレの方が好きだ。





b0040809_044220.jpg蝋染め(たぶん)のタペストリー。
ミャオ族の女の子。
ミャオ族のシンボルは牛なの。そういや旅行中に牛沢山見たっけ。



b0040809_075639.jpg藍の絞り染め


b0040809_011780.jpg
ミャオ族の銀アクセサリー。



沢山買っても、学校と寮の往復がメインの生活には必要無いかなーと思いこれしか買わなかったが、やっぱりもっと買ってくればよかったなー。何より値切るのが楽しい。
[PR]
by bukumama_mako | 2006-08-19 00:17 | 貴州旅行

貴州旅行 5日目

8月16日 水曜日b0040809_0532984.gif

旅程表には
「花鳥市場で自由行動」  と書いてあったので、どんな所なのだろうと楽しみにしていたのだが、ガイドから
「11時に空港に向かう車が迎えに行きますので、ロビーで待ってて下さい」
と電話があっただけ。ムカついたけど体調不良が2人居たので、まぁいいかと朝食後部屋で二度寝する。

笑いあり怒りあり感動ありの旅の余韻を感じながら、飛行機は1時間遅れて福州空港に到着。
市内行きバスの時間を聞くと、25分後だと言う。トイレから長時間離れられない体調不良が多数派のため、贅沢にタクシーで寮に帰ることになった。普通のタクシーは乗り心地が悪いので、白タクを値切って帰宅。
白タクは最初にきちんと値段交渉さえすれば普通のタクシーより安くてしかも車も良いので快適なの。
[PR]
by bukumama_mako | 2006-08-18 23:42 | 貴州旅行

貴州旅行 4日目

8月15日 火曜日b0040809_052390.gif

本日はこの旅行のメイン、少数民族と黄果樹の滝。

大型バスに乗って貴陽の西にある安順へ。
b0040809_22105883.jpg
この少数民族文化村はテレビで見たやつとは随分異なり、期待外れもいいとこだった。残念。でも、そこで働くミャオ族の方々はみんな美人で優しくて、あたし達を歓迎してくれたので、まぁヨシとするか。


次は『天星橋風景区』へ。

b0040809_2220171.jpg
水辺の遊歩道を散歩しながら、不思議な形をした大きな岩のある風景を楽しむ。


b0040809_22522813.jpg


そしていよいよ一番のみどころ、『黄果樹の滝』
b0040809_22593883.jpg

アジア一だと言われ、世界でも最も美しい滝の1つなのだとか。
そう言われる通り、本当に綺麗!感動!
この滝の裏は鍾乳洞になっていて、裏側からも滝を見ることができる。




一日中歩いてとても疲れたけれど、こんな素晴らしい風景を見られるんだったら毎日でも歩きたい。
[PR]
by bukumama_mako | 2006-08-18 23:11 | 貴州旅行

貴州旅行 3日目

8月14日 月曜日b0040809_0501420.gif


鎮遠の風景が美しい観光地である舞陽河の川下りに行った。
b0040809_2127649.jpg



少し不安な遊覧船に乗って、のんびり川を進みながら美しい風景とおいしい空気を満喫。

b0040809_21503020.jpg


また、近くでは地元のおばちゃん達が川で獲れた魚などの串揚げのお店をやっていて、どれでも1串1元で食べられる。
あたしは魚2串、じゃがいも3串、虫3串、カエル2串食べた。
b0040809_21563311.jpg



お昼ご飯の後は列車に乗って再び貴陽に戻る。
帰りは6時間かかった。もう硬席には乗らない!
[PR]
by bukumama_mako | 2006-08-18 22:07 | 貴州旅行

貴州旅行 1日目

8月12日 土曜日b0040809_0471882.gif

午後の飛行機で貴州省の省都貴陽に向け出発。
夕方ホテルに到着し、夕飯を食べに屋台街へ。貴陽の名物は『丝娃娃』(siwawa スーワーワー)という生春巻きみたいなやつ。細切りにした野菜、麺類、昆布など様々な具がテーブルに並んでいて、薄い皮に自分の好きな具を包んで辛いタレを付けて食べる。辛いのがダメなあたしのような人には黒酢や醤油でもいい。
それから羊肉の串焼き。辛めのタレで焼いた羊肉は香ばしくて軟らかくておいしい。
b0040809_17223346.jpg

b0040809_17331566.jpg



貴州の食べ物は辛い。「辛いの食べられない」と伝えても、地元の人の「辛くない」程度に辛いものが出てくる。貴州に限らず、辛いのが苦手な人は中国内陸部の旅行には注意が必要。


さて今夜のホテルは・・・・・
おおおおお!バスタブがある~!
半年ぶりの「お風呂」に感動。

→中国ホテル事情
[PR]
by bukumama_mako | 2006-08-18 17:41 | 貴州旅行